​会社情報 Neyagawa  Osaka  JP     +Room 美Life info@online-room.com

​下記の内容を確認し同意いただけましたら、最下部のフォームに内容記入した上でメールを送信してください。

利用規約

 

 

第1条 はじめに 本規約は+Room(以下「当社」といいます)が運営し、提供する+ Roomというウェブサイト、及びこのサイトに 付随して提供するオンラインルーム、オンライン教室その他全てのサービス(以下、これらを総称して「本サービス」といいます)を、ユーザーが利用する場合の全ての行為に関して適用されます。ユーザーは、本サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなします。本規約の規定とその他の利用条件に齟齬が生じたときは、本規約を優先するものとします。

 

 

第2条 定義 本規約において使用する用語の意味は、次に定めるとおりとします。

( 1 ) 「ユーザー」とは、本サービスを利用する全ての人をいいます。

( 2 ) 「コンテンツ」とは、画像、テキスト、動画等本サービスに掲載できる情報をいいます。

( 3 ) 「本サービス」とは、当社が管理するウェブサイト及びこのサイトに 付随して提供するオンラインスクール、オンライン教室をいいます。

( 4 ) 「メンバールーム」とは、特定の講師が主宰をした、コンテンツの配信や主宰者とユーザー間で情報交換や意見交換を行う一つの場を意味します。メンバールームはFacebook非公開グループなどを使用します。

( 5 ) 「主宰者」とは、本サービスを主宰するユーザーをいいます。

( 6 ) 「受講者」とは、メンバールームに利用登録したユーザーをいい、メンバールームにおいてコンテンツに対する意見・感想などを投稿することができます。

 

 

第3条 個人情報の取扱い

当社は、個人情報を当社の定める「プライバシーポリシー」に基づき、適切に 取り扱うものとします。

 

第4条 登録

1. 本サービスへの登録を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録事項」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の登録を申請することができます。

2 .当社は、当社の基準に従って、登録希望者の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を登録希望者に通知し、この通知により登録希望者のユーザーとしての登録は完了したものとします。

3. 当社は、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。

(1) 当社に提供された登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(2) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合

(3) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味する。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合

(4) 登録希望者が過去当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合

(5) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

4.登録したユーザー(主宰者)が第1項から第5項の規定に違反したために被った損害について、当社は、一切責任を負担しないものとします。

5.登録したユーザー(主宰者)が第1項から第5項の規定に違反した場合、または、真実かつ正確なデータが提供されていないと当社が判断した場合、当社は、ユーザーの登録を抹消し、将来にわたって、当該ユーザーよる本サービスの利用を禁止することができるものとします。

 

第5条 主宰者の責任

1 主宰者は、自己責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用するための機器の準備・保守・管理や、本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について全ての責任を負います。

2 本サービスを利用してコンテンツを投稿する主宰者は、当社に対し、当該コンテンツが第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。

3 主宰者は、自己管理に属するメールアドレスを登録メールアドレスとして登録するものとし、変更・管理も自己の責任において行うものとします。

 

 

 

第6条 利用料金及び支払方法

1 本サービスは原則有料(基本料)となります。

2 当社は、主宰者に対して当社が定める利用料金、基本料を徴収致します。当社は利用料金の合計から当社指定の手数料を除いた額を主宰者に支払います。 支払いは月末締め翌月末日払いとします。ただし、支払い予定額が3000円に満たない場合は支払処理を翌月に繰り越すものとします。また、支払処理の際に 選択した支払方法に応じて実費相当の支払手数料がかかるものとします。

3 本サービスは最低契約期間を6カ月以上とします。6カ月以前に終了する場合でも基本料金の6カ月分の残りの金額はお納めいただきます。

4 主宰者は、支払い済みの基本料金について、事情の有無にかかわらず、当社に対し返金を求めることができないものとします。

 

 

第7条 インセンティブについて(オンライン講座開講者)

(1)オンライン講座(受講料)は主催者が決定した金額の60%~70%が主宰者側、30%~40%が当社側とする。

(2)(1)の主催者側と当社の取り分は始めにお互いで定めた金額とします。

 

 

第8条 利用条件

1 視聴環境について

配信側(主宰者側)は十分な電波環境をお作りください。 送受信時に電波環境の不十分な場所で授業をされた場合、通信トラブルが生じることがございます。 万一、通信トラブルなどが発生しても当方では改善できない事象となる場合があり責任を負いかねますのでご了承下さい。

2 受講者とのトラブルについて

受講中に受講生との受講に関するトラブルや教材についてのトラブルは基本的に当事者同士(主宰・講師と受講者)で解決をして頂きます。

3 webinar(生放送)の日時の変更について

webinarは開始日より1週間以内の日時の変更は出来ませんので、変更をご希望の場合はそれ以前に必ずお知らせ下さい。

4 webinar(生放送)について

使用数に限りがあるためご使用できない場合がございます。ご了承くださいませ。

5 本サービスの停止について

本サービスの停止を希望する主宰者は、当社所定の方法で当社に通知することにより、当該通知時をもって利用停止となります。

                                                                                            

第9条 コンテンツに関する権利

1 本サービスを利用してコンテンツを投稿するユーザーは、当社に対し、当該コンテンツが第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとしま す。

2 当社が収録した動画の著作権の権利は主宰者と当社の双方の所有のものとします。

3 本サービスを利用して投稿された著作権その他一切の権利は、当該コンテンツを創作したユーザーに帰属します。

4 当社は、ユーザーが投稿するコンテンツを、本サービスの円滑な提供、当社システムの構築、保守、メンテナンスに必要な範囲内で、使用及び改変することができるものとします。

5 本サービスで提供されるコンテンツに関して、著作権者の許諾なしに転載・引用する行為は、サービスの特性上硬く禁止します。

6 主宰者が本サービスの契約を終了する場合、オンラインスクール、オンライン教室に当たるホームページ、メンバールームを削除いたします。コンテンツに関しては第9条3項に基づき適切に取り扱います。

​7 動画コンテンツにつきましてはストリーミング方式を採用しております。ダウンロード方式と違い、第三者への譲渡はできないものとなっております。

 

第10条 サービスの変更等 

本サービスの内容及び本規約の内容は、当社の判断により事前の予告なく任意 に変 更・中断・停止できるものとします。ユーザーは変更された時点での内容に同意しているものとみなされます。

 

第11条 免責事項

1 当社は、本サービスを利用したこと又は利用ができないこと、本サービスからのリンク先を利用したこと又は利用ができないことによって引き起こされた損害について、直接的又は間接的な損害を問わず一切責任を負わないものとします。本規約の条項のいずれかにユーザーが違反した場合も、ユーザーは当社に対しての主張、訴訟その他全ての法的措置から当社を免責するものとします。本サービス利用により発生した通信料について利用者に争いが生じた場合も、当社は免責されるものとします。

2 当社は、本規約又はその他の利用条件等に違反する行為又はその恐れのある行為が行われたと判断した場合には、警告ののち、ユーザーのサービス停止処分を含めたあらゆる処置をとります。特に悪質な場合については、警告なしで当該処置を行うこともあります。それによって生じたいかなる損害についても責任を負いません。

3 サーバートラブル、ネットワークトラブルその他不可抗力により生じた商品の提供不能、中断については、弊社に重大な過失がある場合を除き、その責任を負わないものとします。

 

 

第12条 禁止行為

1 ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号に該当する事項を行ってはならないものとします。
以下の禁止行為に違反した場合には、利用停止などを含めたあらゆる措置をとることがあります。

・法令に違反する行為及び違反する行為を幇助・勧誘・強制・助長する行為

・性的、わいせつ的、暴力的な表現行為

・他人に過度の不快感を及ぼすおそれのある、あるいは誘導する行為

・本サービスの利用するサーバーに過度の負担を及ぼす行為

・他の利用者の本サービス利用を妨害する行為

・他人の名誉、社会的信用、プライバシー、肖像権、パブリシティ権、著作権 その他の知的財産権、その他の権利を侵害する行為(法令で定めたもの及び判例上認められたもの全てを含む)

・他の利用者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為

・差別につながる民族・宗教・人種・性別・年齢等に関する表現行為

・自殺、集団自殺、自傷、違法薬物使用、脱法薬物使用等を勧誘・誘発・助長をうながすような行為

・当社の許諾を得ない商品やサービスの広告、宣伝を目的としたプロフィール 内容の公開、その他スパムメール、チェーンメール等の勧誘を目的とする行為

・他人の名義、その他会社等の組織名を名乗ること等による、なりすまし行為

・その他上記に準じる行為、当社が不適切と判断する行為

第13条本サービスの利用停止

1. 当社は、ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知又は催告することなく、当該ユーザーについて本サービスの利用を一時的に停止することができます。

(1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2) 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

(4) その他、当社がユーザーとしてのサービスの継続を適当でないと判断した場合

2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

 

 

第14条 本規約及びその他の利用規約等の有効性 本規約及びその他の利用条件等の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約及びその他の利用条件等のその他の規定は有効とします。

 

 

第15条 準拠法及び管轄裁判所

1 本規約の準拠法は、日本法とします。

2 ユーザーと当社の間で訴訟の必要が生じた場合、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

附則

1 本規約は、チェックされ当社に返送された日より施行します。

2 本規約の施行前にユーザーによって行われた行為についても本規約が適用されます。

以上

特定商取引法に基づく表示

店舗名:+Room(プラスルーム)

販売事業者:+Room

運営責任者:+Room    所在地:大阪府寝屋川市大成町21−21   メールアドレス:info@online-room.com

販売価格:各商品ページを参照 (外税表記)

商品代金以外の必要料金:なし

商品引き渡し方法:ブラウザでの閲覧またはダウンロード(商品により異なります)商品の引渡しの時期:決済完了後、即時ダウンロード またはメンバールームの入会方法をご案内します。

商品代金お支払時期:即時お振込もしくはオンライン決済 

お支払方法:クレジットカード支払 銀行振込、コンビニ支払

商品等の返品の可否:性質上、返品扱いではなく、不良時の対応となります。 

返品(不良)時の対応:商品ファイルが破損等により、ダウンロード・閲覧とも 不可能だった場合は、調査により課金の取消を行います。 お客様固有の環境に よる不具合については、(予め商品型式が明記されていた場合は)返品不可と なります。 

個人情報の取扱いについて:+Roomの個人情報の取扱いについてはプライバシーポリシーをご覧ください。

機密保持覚書 (+Roomは以下に乙の機密を守ります)

+Room(以下「甲」という)と主催者(以下「乙」という)とは、甲乙間の業務委託取引(以下「本取引」という)に関し相互に開示される機密情報の取扱いに関し、以下のとおり機密保持契約(以下「本契約」という)を締結する。

第1条(目的)

甲及び乙は、本取引に関し、相互に相手方に開示する情報の保護を目的として本契約を締結するものとする。以下、本契約において、情報を開示する当事者を「開示当事者」、情報を受領する当事者を「受領当事者」とする。

第2条(機密情報)

1. 本契約において「機密情報」とは、本取引に関して、開示当事者が受領当事者に対して開示した営業上・技術上の情報で、書面(電磁的記録を含む、以下「文書等」という)であると口頭であることを問わず機密とすることを明示されたものをいう。

2. 前項にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する情報は、機密情報から除外されるものとする。(1) 受領当事者が開示当事者より受領した時点で既に公知であった情報

(2) 受領当事者が開示当事者より受領後、受領当事者の責めに帰すべき事由によらずに公知となった情報

(3) 受領当事者が開示当事者より受領後、守秘義務を負うことなく第三者から適法に入手した情報

(4) 受領当事者が、機密情報によらず独自に開発した情報

 

 

第3条(受領当事者の機密保持義務)

1. 受領当事者は、受領した機密情報に関する機密を第三者に開示、漏洩してはならない。

2. 受領当事者は、機密情報を、本取引に必要な最小限度の範囲を除き、開示当事者の事前の書面による承諾なく機密情報を複製してはならない。

3. 受領当事者は、前各項の義務を履行するため、機密情報につき必要かつ合理的な保護手段を講じなければならない。

 

第4条(事故報告)

受領当事者は、機密情報に関し、前条に違反し、又は違反するおそれがある事態が生じたと判

断するときは、直ちに、その旨を開示当事者に報告し、開示当事者の指示を仰がなければならない。

第5条(監査)

受領当事者は、開示当事者より機密情報の取扱いの状況について報告を求められたときは、遅滞なくその状況を文書等により報告しなければならない。

第6条(有効期間)

1. 本契約の有効期間は1年間とし、有効期間満了日の2ヶ月前までに何らかの当事者からも解約の申し出がない場合には、更に1年間延長し、以後も同様とする。

2. 本契約が終了した場合といえども、本契約第2条ないし第4条で定める義務は本契約終了後5年間存続する。

 

第7条(契約終了後の措置)

1. 受領当事者は、本契約が終了したとき、又は、開示当事者より請求があったときは、直ちに機密情報の記録された文書等及びそれらの複製物の一切を、開示当事者の指示に従い返還し、又は廃棄するものとする。

2. 受領当事者は、前項による開示当事者の指示に基づき機密情報の記録された文書等及びそれらの複製物を廃棄した場合において、開示当事者の請求があったときは、遅滞なく廃棄に関する証明書を提出するものとする。

 

第8条(損害賠償)

受領当事者は、本契約に違反することにより開示当事者に損害を与えたときは、これにより開示当事者に生じた損害を賠償しなければならない。

第9条(反社会的勢力との取引排除)

1. 甲及び乙は、次に定める事項を表明し、保証する。(1) 自己及び自己の役員・株主(以下「関係者」という)が、暴力団、暴力団関係企業もしくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」といいます)でないこと

(2) 自己及び自己の関係者が、反社会的勢力を利用しないこと

(3) 自己及び自己の関係者が、反社会的勢力に資金等の提供、便宜の供給等、反社会的勢力の維持運営に協力又は関与しないこと

(4) 自己及び自己の関係者が、反社会的勢力と関係を有しないこと

(5) 自己が自ら又は第三者を利用して、相手方に対し、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞を用いず、相手方の名誉や信用を毀損せず、また、相手方の業務を妨害しないこと

 

 

 

2. 甲及び乙は、相手方が前項に違反したと認める場合には、通知、催告その他の手続を要しないで、直ちに本契約の全部又は一部を解除することができる。この場合、相手方は他方当事者に発生した全ての損害を直ちに賠償するものとする。

 

第10条(合意管轄)

本契約に関する一切の紛争については、訴額に応じて東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第11条(協議)

本契約に規定のない事項又は本契約の規定の解釈に疑義を生じたときは、甲乙協議の上、解決するものとする。

本契約締結の証として乙は本契約のメール欄にご署名いただき送信、また甲はそれを確認したことをメールの返信を行うことで締結とする。



(甲)

+Room 美Life 

​(乙)

​主催者(このメールの送信者)

​上記の内容を確認し同意ならば下記のフォームにて内容記入した上でメールを送信してください。